観光情報

play

 

012

 キトウシ高原ホテルは、キトウシ森林公園家族旅行村内の田園風景が見下ろせる高台にあります。その森林公園の広さは、東京ドーム約25個分がすっぽり入ってしまうほどの広大なエリアです。園内には上川管内で最長のゴーカートやローラーすべり台、「じゃぶじゃぶ池」など子供の喜びそうな施設もあります。

 当ホテルより車で7分のところにある展望閣(標360m)や南展望台からは、東川町から旭川市街まで一望できます。特にオススメなのは、南展望台で大雪山系十勝岳連峰が見渡せます。この広大なロケーションを生かしたアウトドア施設として、ゴルフ場、パークゴルフ場、スキー場の他、長期滞在可能な宿泊施設ケビンがあり1年を通して自然の美しさや野生動物との出会いを体験できます。また当ホテルより徒歩3分のところにある千本桜は5月上旬に見頃になり、大変多くの人が訪れにぎわいます。

 

016

千本桜

038

パークゴルフ場

040

キトウシ森林公園

canmore

キャンモアスキービレッジ

 

014

 キトウシ森林公園の森には、多くの野生動物や草花が確認されています。植物でいえば、春には、フクジュソウ、カタクリ、ニリンソウ、エゾエンゴサク、エゾノリュウキンカ、オオタチツボスミレ、ザゼンソウ、エゾヤマザクラ、オオバナノエンレイソウ、キタコブシなどが、夏は、キツリフネ、ウシハコベ、エゾアジサイ、オトギリソウ、キリンソウ、ナデシコ、ヤナギラン、サイハイラン、クルマユリなど数百種の植物が生育しています。

 

 

001

フクジュソウ

002

エゾエンゴサク

003

カタクリ

033

エゾヤマザクラ

 

 秋になると、その年のフィナーレを飾るかのように燃えるような紅葉になるのが落葉広葉樹が多いキトウシ山の特徴で、特に展望閣周辺は、オススメポイントとなっています。キトウシ森林公園にいらした際には、是非、散策路を歩いてみてください。そして、耳をすまして森の声を聞きながら深呼吸をし、森の香を楽しんでください。そうすることによって大変すがすがしく、とてもリラックスしている自分がいることが分ります。この森の香りの正体は「フィトンチッド」です。これは主に樹木が作り出して発散し、森林に漂っている揮発性の物質で、人間がこうした物質を浴びることを「森林浴」といいます。最近では、日光浴や海水浴と並んで、わたしたちの暮らしのなかに定着しつつあります。それと、フィトンチッドは身体をリフレッシュさせるだけではなく抗菌、防虫、消臭などのさまざまな働きがあり、フィトンチッドを上手に利用することによって、私たちの生活を健康的で豊かなものにしてくれます。

 木は、太古の昔より様々な環境変化にも適用し生き延びてきたわけですから、こういった自己防衛の為の不思議な力が備わっていてもおかしくありません。

021

 

044

 

008

 キトウシ森林公園の森は、森林浴をするにも最適な場所で、当ホテルからコースインし、展望閣へ向かうコース。展望閣まで、車で行き、展望閣から南展望台までのコース。展望閣から北展望台へのコースです。各コースともそれぞれ特徴があり、体力に応じての森林浴を楽しんでください。一汗かいた後は何と言っても温泉です。当ホテルの人工ラジウム温泉は、大雪山旭岳の雪解け水が数百年の歳月をかけ幾重にも重なる地層を通り自然浄化された伏流水を地下20mから汲み上げラジウム発生装置を通し温泉にした人口温泉です。当ホテルを十数年通うお客様から、登山帰りに入るとなぜか翌日、筋肉痛にならないや汗が止まらなくなるほど温熱効果が持続するなど不思議な温泉とお褒めのお言葉を頂いております。

 

キトウシ森林公園家族旅行村 公式サイトはこちら
ひがしかわ観光協会 公式サイトはこちら